ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス対策特設サイト > 海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月10日更新 <外部リンク>

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

 新型コロナワクチン接種証明書は、海外渡航の際に必要な人に対し、新型コロナウイルスワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、接種者からの申請に基づいて交付するものです。

【注意事項】

 ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。また、この証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を外務省ホームページ(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html<外部リンク>)で確認してください。

申請方法

 窓口または郵送で申請を受け付けます。申請内容や接種状況の確認のため、接種証明書は後日交付となりますので、日にちに余裕をもって申請してください。

申請に必要なもの

 (1)交付申請書(→接種証明書交付申請書 (Excelファイル:21KB)

 (2)海外渡航時に有効なパスポート

 (3)接種済証(接種券)または接種記録書

 (4)本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)

 (5)旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合、これらが確認できる本人確認書類

 (6)代理人による申請の場合、本人自署による委任状(→証明書発行申請・受領委任状 (Excelファイル:13KB)

 (7)郵送申請の場合、返信用封筒(申請者負担で作成)                                                                                      ※封筒への切手の貼り付け、返送先住所の記載は申請者が準備してください。