ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画課 > 天女のふる里づくり

天女のふる里づくり

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月1日更新 <外部リンク>

天女のふる里づくり

1 東郷湖活性化プロジェクト

 湯梨浜町では、東郷池を町のシンボル(宝)として、総合的に観光振興、農林水産業振興、環境施策などを
推進する、「東郷湖活性化プロジェクト事業」に取り組んでいます。(平成27年度末でプロジェクトは終了)


 

2 東郷湖・未来創造会議と天女のふる里づくり

 平成23年度には、住民と行政で組織する「東郷湖・未来創造会議」を設置し、東郷池をはじめとする地域
資源を活用したまちづくりをテーマに意見交換を行いました。

 この会議では、古くから町に伝わる羽衣天女伝説をヒントに、まちづくりのコンセプトを「天女(=女性)」の
活用に置き、提案された施策を「天女のふる里づくり」としてまとめました。

 事業概要はこちらをご覧ください。

  モニュメント

(1)天女のふる里づくりで具体的に展開する10のプロジェクト

 【Project1】 天女イメージ創造プロジェクト

      イメージキャラクター制作、ノベルティグッズの製作・販売

 【Project2】 東郷湖周整備プロジェクト

      東郷湖周の歩道未整備区域の整備、観光案内板の再整備、ウォーキング距離表示

 【Project3】 ウォーキングリゾートプロジェクト

      既存施設の機能を活用したステーション整備、ノルディックポール等のレンタル機能充実、
      オプションコースの設定、 ウォーキング愛好者のための宿泊プランづくり、既存イベントの
      戦略的活用、新規イベントの企画

 【Project4】 花と緑の夢空間プロジェクト

      フラワーロード事業:東郷湖畔の自然景観を活かした様々な演出
      花と緑のやすらぎ空間創出事業:季節感、臨場感のある説明看板の設置、町民参画制度
      の創設

 【Project5】 住民参加型共育・協働プロジェクト

      観光、歴史・文化財などのボランティアガイドシステムの構築、ゆりはま検定
      (ご当地検定制度)の構築

 【Project6】 森里海連環プロジェクト

      参加体験型のツーリズムシステムの構築、森里海の連環を意識したシステムの構築

 【Project7】 ゆりはまものづくりプロジェクト

      地元の農産物、素材を活かした湯梨浜オリジナルの新商品開発、新たな価値の造成、
      地域資源ブランド化の推進

 【Project8】 新3K創出プロジェクト

      新3K=環境、健康、経験をキーワードとした各種企画商品の造成

 【Project9】 サービス機能増強プロジェクト

      「天女」のストーリー化、「縁結び」「パワースポット」「子宝の湯」をキーワードに他の
      温泉地との差別化を図る。
      「七福神=天女の化身」をストーリー化した足湯の活用。

 【Project10】 魅力あるイベント創造プロジェクト

      湯梨浜の魅力を発信するイベントの実施

(2)「天女のふる里づくり」これまでの取り組み

      これまで、天女キャラクターゆりりんの制定や天女シンポジウムの開催、
      天女モニュメントの設置、ウォーキング環境の整備、宇宙桜(天女桜)の植樹など、
      様々な事業に住民と行政が一体となって取り組んでいます。

      プロジェクトの計画期間5年間(平成24~28年度)の取り組みは以下のとおりです。

【天女のふる里づくり事業実施結果(平成24~28年度)】 

      表紙 (PDFファイル:123KB)

      プロジェクトの概要 (PDFファイル:649KB)

      プロジェクト1 (PDFファイル:336KB) 、 プロジェクト2 (PDFファイル:369KB) 
      プロジェクト3 (PDFファイル:384KB) 、 プロジェクト4 (PDFファイル:250KB) 
      プロジェクト5 (PDFファイル:328KB) 、 プロジェクト6 (PDFファイル:236KB)
      プロジェクト7 (PDFファイル:305KB) 、 プロジェクト8 (PDFファイル:197KB)
      プロジェクト9 (PDFファイル:452KB) 、 プロジェクト10 (PDFファイル:393KB) 


 ※当初計画した事業期間は平成28年度で終了となりましたが、天女のふる里づくりの
   取り組みは継続しつつ、テーマを絞り込んで、重点的に施策を展開することと
      しています。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)