ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建設水道課 > 湯梨浜町上下水道料金検討委員会

湯梨浜町上下水道料金検討委員会

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月16日更新 <外部リンク>

湯梨浜町上下水道料金検討委員会の開催経過

 湯梨浜町では、上下水道料金検討委員会を設置し、適正な水道料金、簡易水道料金、下水道使用料及び農業集落排水処理施設使用料等について、上下水道を利用されている消費者の代表8名で構成し検討を行いました。

 [基本方針]

 ~未来につなげる湯梨浜の上下水道~ 「安全で快適な上下水道サービスを、持続的・安定的に提供する」

 

◇上下水道料金改定について◇

 【上水道】

 人口減少や節水意識の向上により給水収益は減少傾向と予測され、今後、老朽管路の増加や水道施設の老朽化が進むことから、維持・更新に必要な事業費を確保していくため。

 【下水道】

 汚水処理に関する経費(一般会計負担分除く)については、下水道使用料で賄うべきであるとされているが、使用料収入で賄えていないことから、不足する部分について一般会計からの繰入金によって補てんされている。この繰入金部分の特別会計への一般会計繰出金を縮減するため。


 

 湯梨浜町上下水道料金検討委員会 

   (任期:令和元年11月19日から令和2年3月31日)

 

委 員 名所  属備 考
水野  彰   委員湯梨浜町高齢者クラブ連合会委員長
千熊 洋子 委員湯梨浜町女性団体連絡協議会副委員長
川口 光彰 委員湯梨浜町商工会 
山枡 美鶴 委員湯梨浜町商工会 
谷岡 貞幸 委員湯梨浜町農業委員会 
朝倉 仁実 委員保護者代表 
松田 武志 委員 保護者代表 
千熊 一弘 委員保護者代表 

  湯梨浜町上下水道料金検討委員会設置要綱(平成29年6月13日訓令第8号)

 


 

第1回上下水道料金検討委員会

  第1回上下水道料金検討委員会の会議結果

  日 時:令和元年11月19日(火曜日)19時00分~21時00分 
  場 所:湯梨浜町役場第1・2会議室

  第1回 上下水道料金検討委員会[委員会資料] (PDF:6.02MB)

第2回上下水道料金検討委員会

  第2回上下水道料金検討委員会の会議結果

  日 時:令和2年1月23日(木曜日)19時00分~20時45分  
  場 所:湯梨浜町役場第1・2会議室

  第2回 上下水道料金検討委員会[委員会資料] (PDF:786KB)

第3回上下水道料金検討委員会

  第3回上下水道料金検討委員会の会議結果

  日 時:令和2年2月26日(水曜日)19時00分~20時20分  
  場 所:湯梨浜町役場第1・2会議室

  第3回 上下水道料金検討委員会[委員会資料] (PDF:220KB)

意見書提出(答申)

意見書(上下水道料金改定について)

 本町の上下水道料金に係る水道事業、公共下水道事業等の現状や老朽化施設をはじめとする管路更新の必要性、また、将来予測における水需要の推移などにより水道料金、下水道使用料等を取り巻く諸課題等について様々な視点から慎重に検討を行いました。

 上下水道事業は、生活に欠かすことのできないライフラインであり、創設当時の公衆衛生の向上と生活環境の改善を目的とするだけでなく、町民の日常生活はもとより経済活動としても必要不可欠なものとなる一方で、耐用年数を迎える上下水道施設の老朽化や上下水道管路の更新事業、また下水道事業等の地方公営企業法適用化など、さまざまな問題や課題を抱えている状況にあります。

 そのような中、給水人口の減少や節水意識の向上、節水機器などの普及に伴い水需要の減少により給水収益も減少すると予測され、このような状況下では、経費削減等の経営努力だけでは抜本的解決は難しい状況にあります。

 今後の上下水道事業を推進するにあたり、老朽施設更新整備、経営基盤強化に向け適正な事業運営に取り組むことが喫緊の課題であることから、この度、検討委員会で議論をおこない意見・要望等をまとめ、湯梨浜町上下水道料金検討委員会 水野彰委員長、千熊洋子副委員長より宮脇町長へ意見書が提出されました。

    提出状況(2020年3月12日)

意見具申

 (1)料金改定率

     水道料金等(口径別基本料金)平均13.0%、超過料金26.9%の改定。
     下水道使用料等(基本使用料)改定なし、超過使用料を18.6%に改定を行うことが妥当。

 (2)料金改定の実施時期

     住民生活等へ大きな影響があることから、利用者への周知には十分な期間を設定のこと

要望事項

 (1)企業や旅館業等の大口需要者等への配慮

 (2)基本料金未満の利用者への単価設定などの配慮

 (3)料金算定期間は5年を基本とし、料金改定等の必要性を検証・検討

 (4)将来の事業に必要となる財源確保に努めるとともに関係機関等への所要な要望・要請などの取り組み


  意見書(湯梨浜町上下水道料金検討委員会)[写] (1.28MB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)