ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > みらい創造室 > グラウンド・ゴルフのルール

グラウンド・ゴルフのルール

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月1日更新 <外部リンク>

ルールの概要

専用のクラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットを使用して、ゴルフのようにボールをクラブで打ち、ホールポストにホールインするまでの打数を数えます。

ルールに秘められた発祥地の思い

ホールポストの中に、ボールが静止した状態を「トマリ」という―

公益社団法人日本グラウンド・ゴルフ協会が定めるルールの第4条です。発祥地が泊村(トマリソン)であることを忘れてほしくないという、グラウンド・ゴルフの開発に携わった人たちの願いが、「トマリ」に込められています。

ホールインワンはマイナス3打

打ったボールが1打目でトマリになったとき(ホールインワン)は、合計打数から1回につき3打差し引いて計算します。

コース

標準のコースは、50m、30m、25m、15m、各2ホールの合計8ホールで構成します。 

グラウンド・ゴルフのルール

 

プレーガイドとルール紹介動画 

世界中のより多くの人にグラウンド・ゴルフを楽しんでほしい―

そんな願いを込めて、鳥取県はプレーガイドを、湯梨浜町はルール紹介動画を、多言語で制作しました。

グラウンド・ゴルフプレーガイド(多言語版)<外部リンク>

グラウンド・ゴルフルール紹介動画(多言語版)<外部リンク>

rulerule2