ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 町民課 > 住宅の省エネ改修に伴う固定資産税減額措置

住宅の省エネ改修に伴う固定資産税減額措置

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月19日更新 <外部リンク>

 令和4年3月31日までの間に、下記の要件に該当する住宅の省エネ改修工事を行った場合、この家屋に係る翌年度分の固定資産税額(120平方メートル相当分までに限る。)を3分の1減額します。
 また、この改修工事により認定長期優良住宅に該当することとなった場合には、減額の割合は3分の2になります。

主な要件

対象となる家屋

 (1)平成20年1月1日以前から所在しているもの

 (2)改修後の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であるもの

 (3)居住用部分の床面積の割合が2分の1以上であるもの

対象となる工事

 ・次の1.から4.までの工事のうち1.を含む工事を行い、改修をした部位が新たに現行の省エネ基準に適合することになるもの。

  1. 窓の断熱改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化など)
  2. 床の断熱改修工事
  3. 天井の断熱改修工事
  4. 壁の断熱改修工事

 ※補助金等を除く自己負担金が50万円のもの。

手続き

 改修工事完了後3ヶ月以内に、以下の申請書類を添付して申告してください。

申請書類