ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 環境・衛生 > ごみとリサイクル > 乾電池、リチウム電池類の適切な廃棄方法について

乾電池、リチウム電池類の適切な廃棄方法について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月2日更新 <外部リンク>

 令和3年1月27日、ほうきリサイクルセンター粗大・不燃ごみ処理施設において、電池が原因とみられる発煙が発生しました。幸い施設への被害・収集への影響はありませんでした。また、令和2年11月16日には、小型充電電池が原因とみられる火災が発生し、その際には施設への被害、不燃ゴミの受け入れを一時休止するなどの影響も出ました。

 このような火災の発生や、ごみの収集の休止等を未然に防ぐためにも、乾電池・リチウム電池類を処分する場合は、  「すべての+極と-極をセロハンテープやビニールテープで絶縁」 した上で、不燃ごみの収集日に出していただくきますようお願いします。

廃棄方法

 それぞれの電池の端子部分にテープを貼り絶縁して捨ててください!

 電池の端子は金属製であり、特にコイン形リチウム一次電池はほぼ全面が金属です。
他の金属や電池と触れると、ショート(短絡)し、発熱・発火・破裂などの事故を起こす恐れがあります

乾電池

処分方法

引用元:一般社団法人電池工業会「処理方法とリサイクル」

小型充電式電池はリサイクル協力店へ

 また、小型充電式電池(リチウムイオン電池、ニッケル水素電池、ニカド電池)は資源の有効活用のため、リサイクル協力店※に設置してあります「小型充電式電池リサイクル回収ボックス」に持ち込んでいただきますようご協力をお願いします。
※リサイクル協力店の最新情報はJ B R Cのホームページでご確認ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)