ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総務課 > 平成21年度予算について

平成21年度予算について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新 <外部リンク>

 平成21年度予算が3月定例議会で可決されました。一般会計の総予算額は83億7,000万円で、前年度に比べ12.2%の減額になります。

 今年度の財政見込みは、歳入では昨年からの景気悪化により町税は3.1%、4,578万円の減額が見込まれる一方、地方交付税では国の地域雇用創出推進費が創設されるものの前年度に比べ0.8%、3,000万円の微増しか見込めず、依然として厳しい財政運営となっています。また、大型の建設事業を行うために町が行う借金(町債)は、情報基盤整備のためのFTTH基盤整備が最終年度を迎えることなどから、49.4%、1億426万円の大幅な減額となります。

 このような中、歳出予算については、総合計画等に掲げる主要施策の推進や近年の急激な社会・経済・雇用情勢の変化に対応すべく、事務事業の徹底した見直しを行い、歳出の削減に努めながらも重点施策については積極的に予算計上するなど、限られた財源の効果的な配分に努めました。

 今年度の主な施策としては、最終年度を迎えるFTTH基盤整備、町制5周年記念事業として実施するミュージカル「火の鳥」の公演、東郷湖周辺の活性化を図る東郷湖活性化推進事業、ふるさと雇用再生特別交付金を活用した生ゴミ堆肥化事業、妊婦乳児健康診査の5回から14回への公費負担の拡充、小中学生医療費助成の実施、なし・ぶどう掛金助成事業の実施、耕作放棄地の解消を目指す遊休農地対策事業、観光大使を活用した町特産品PR事業、町内商工業者を支援する中小企業小口融資利子補給補助金、児童・生徒の学力向上を目指す学ぶ意欲を育む学力向上推進事業、小・中学校での少人数学級の継続実施などに取り組みます。

歳入

科目予算額(千円)比率(%)
町税1,448,058千円17.3%
地方消費税交付金138,637千円1.7%
地方交付税3,960,000千円47.3%
国庫支出金353,364千円4.2%
県支出金489,022千円5.8%
町債1,026,842千円12.3%
繰入金172,572千円2.1%
その他地方譲与税78,720千円781,505千円9.3%
地方特例交付金11,414千円
利子割交付金6,999千円
配当割交付金1,561千円
株式等譲渡所得割交付金209千円
自動車取得税交付金17,871千円
交通安全対策特別交付金2,680千円
使用料及び手数料96,227千円
分担金及び負担金140,205千円
財産収入25,114千円
繰越金40,000千円
諸収入360,505千円
歳入(総額)8,370,000千円100%

歳出

科目予算額(千円)比率(%)
総務費1,451,544千円17.3%
民生費1,772,290千円21.2%
衛生費893,412千円10.7%
農林水産業費382,057千円4.6%
土木費947,464千円11.3%
教育費746,747千円8.9%
公債費1,638,447千円19.6%
その他議会費91,852千円538,039千円6.4%
商工費143,701千円
消防費277,218千円
予備費25,268千円
歳出(総額)8,370,000千円100%

特別・企業会計

会計名予算額(千円)
国民健康保険事業特別会計1,843,538千円
住宅新築資金等貸付事業特別会計8,262千円
高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特別会計4,956千円
長瀬財産区特別会計1,306千円
橋津財産区特別会計443千円
宇野財産区特別会計4,351千円
舎人財産区特別会計986千円
東郷財産区特別会計3,681千円
花見財産区特別会計122千円
下水道事業特別会計1,559,237千円
温泉事業特別会計11,033千円
老人保健特別会計13,434千円
後期高齢者医療特別会計170,676千円
農業集落排水処理事業特別会計223,198千円
介護保険特別会計1,373,595千円
簡易水道事業特別会計45,656千円
分譲宅地造成事業特別会計3,124千円
国民宿舎事業特別会計収益的収入391,625千円
資本的収入0円
収益的支出379,945千円
資本的支出85,028千円
水道事業特別会計収益的収入189,867千円
資本的収入120,901千円
収益的支出186,541千円
資本的支出314,677千円