ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 産業振興課 > イノシシの生態について

イノシシの生態について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新 <外部リンク>

・日没から夜明けにかけて活発に活動。
 本来は昼行性、人間の活動の影響で夜行性を示す。定住期と移動期を繰り返す行動パターンを持ち、気に入った場所
 では2~3平方キロメートルの範囲で行動すると言われています。
・落葉広葉樹林や竹林、カヤ・ススキなどの草地に生息。
・体の大きさは、体重で通常100kg前後。キバがあるのがオスです。
・一夫多妻制。2歳で初産し、以降毎年平均4~5頭を出産。発情期は12月~2月、妊娠期間が4~5ヶ月で4月~6月に出
 産します。
・生後6ヶ月くらいまでは、体に縞模様があるためウリ坊と呼ばれます。
・オスは成長すると単独行動、メスは子や姉妹と群れをつくります。
・野生での寿命は10歳前後と言われています。(オス6歳、メス10歳)
・極めて臆病で、警戒心が強い。慣れた獣道では大胆だが、開けた場所では警戒して行動します。
・「一度覚えると忘れない」「侵入に成功した仲間を真似る」「光、音、ニオイを使った防除方法の効果は一時的。
 すぐ慣れてしまう。」など、学習能力が高いです。
・視力は弱く、青色のみ識別可能。嗅覚は犬に匹敵する。農地に侵入する際は、鼻で探索して目で確認します。
・成獣は1メートル20センチ程度の跳躍力がありますが、上を越えるよりも下をくぐって通り抜けようとする傾向があ
 ります。幼獣は15cm格子を通り抜け、成獣は20cm程度の隙間はくぐり抜けます。
・鼻の力は非常に強く、大きな石でも簡単に動かすことができます。50~60kg程度重さのものを持ち上げ、地面を掘り
 起こす力も強力です。鼻のみ電気柵の電気ショックを感じます。
・雑食性で、タケノコ、イモ、クリ、ドングリ、稲の穂(乳熟期)、クズの根などの植物やミミズ、昆虫の幼虫など、
 ほとんど何でも食べます。