ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合福祉課 > 障がい者住宅改良助成事業

障がい者住宅改良助成事業

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新 <外部リンク>

障がい者住宅改良費の助成

 障がいのあるかたの居住環境の整備を促進し、生活の質を高め、住宅生活を支援するための改良費の一部を、予算の範囲内で助成します。(新築・増築は対象外)

 

対象者

 身体障害者手帳1級または2級、療育手帳A判定のいずれかをお持ちのかた

(身体障害者手帳3級でも一部認められる場合もあります。)

※65歳以上のかたは、まずは介護保険制度の利用について長寿福祉課にご相談ください。

 

対象経費

 既存住居の居室、トイレ、浴室、玄関等の改良経費

 

助成額

 改良経費の3分の2(限度額66万3千円。ただし別事業の住宅改修に係る助成を受けた場合は53万3千円とする。)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)