ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種 > > 子宮頸がん予防ワクチンの任意接種費用償還払いについて

子宮頸がん予防ワクチンの任意接種費用償還払いについて

印刷用ページを表示する掲載日:2024年4月1日更新 <外部リンク>

子宮頸がん予防ワクチンの任意接種費用を償還払いします

ワクチン接種のお知らせを控えている間に定期予防接種の対象年齢を過ぎて、自費で子宮頸がん予防ワクチンを受けた方へ、接種費用を償還払いにより助成します。

対象となる方

以下のすべてに当てはまる方が対象となります。

・平成9年4月2日から平成17年4月1日の間に生まれた女子
・令和4年4月1日時点で湯梨浜町に住民票がある方
・16歳となる日の属する年度の末日(定期接種の対象期間)までに、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種において3回の接種を完了していない方
・17歳となる年度の初日から令和4年3月31日までの間に、国内の医療機関で組換え沈降2価HPVワクチンまたは組換え沈降4価HPVワクチンの接種を受けて費用を支払った方
・償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていない方

申請期限

令和7年3月31日まで

助成額について

予防接種にかかった費用を最大3回まで助成します。
上限額は、予防接種を受けた日の属する年度で異なります。詳細はこちら (PDFファイル:53KB)のとおりです。

次の「ご提出いただくもの」のうち(2)医療機関の領収書等、接種費用を証明する書類がなく接種費用が不明の場合は、1回につき15,000円を助成します。

※交通費や宿泊費、証明書等発行のため医療機関で支払った文書料等は助成対象外です。

ご提出いただくもの

(1)子宮頸がん予防ワクチン接種にかかる任意接種償還払い申請書兼請求書 (Wordファイル:29KB)
(2)医療機関の領収書及び明細書、支払証明書等、接種費用がわかるもの※原本をお願いします
(3)接種記録が確認できる書類(母子健康手帳、予診票の写し等)
(4)振込先口座を確認できるもの(通帳またはキャッシュカードのコピー)
(5)被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類(申請者と接種者が異なる場合は双方のもの)
※申請時住所記載の住民票、運転免許証、健康保険証(両面)など、いずれか1つ

(2)の接種費用を証明する書類がない場合、省略可能です。
(3)の接種記録を確認できる書類がない場合は
子宮頸がん予防ワクチン接種に係る任意接種償還払い申請用証明書 (Wordファイル:18KB)
※予防接種を受けた医療機関で接種記録を記入したもの
をご提出ください。
なお、証明に要した文書料や交通費等は助成対象外です。

提出先
湯梨浜町役場 健康推進課 健康増進係

(郵便でのご提出もできます)
〒682-0723
鳥取県東伯郡湯梨浜町久留19-1

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)