ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > みらい創造室 > 空き家改修事業補助金

空き家改修事業補助金

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月23日更新 <外部リンク>

町空き家情報バンクに物件を登録している空き家所有者が、町外・県外から移り住む方に登録した物件を貸すこととなった場合、その物件の改修費用を最大50万円補助します。

対象となる方

町空き家情報バンクに空き家を登録している空き家所有者で、市町村税の滞納がなく、町外・県外からの移り住む方に登録した空き家を貸す方

県外からの入居者の条件

空き家所有者が補助金を申請した日において、県内いずれの市町村の住民基本台帳にも記録されていない方、または県外から町に転入して6ヶ月を経過していない方で、次の要件をすべて満たす方です。ただし、補助金の申請日前1年以内に町から転出したことがある方を除きます。

  • 空き家の改修に関して湯梨浜町移住定住者住宅支援事業補助金の交付を受けていない方
  • 空き家所有者が補助金の交付を受けてから5年以上町に定住しようとする方

対象となる改修

平成31年4月1日以降に行われる台所・浴室・便所・洗面所・内装・屋根・外壁の改修、家具の運搬・廃棄、清掃
※令和2年3月31日までに改修が終わることが条件です。

補助金の額

県外から移り住む方に空き家を貸す場合 改修費用の2分の1で、50万円を限度とします。
町外から移り住む方に空き家を貸す場合 改修費用の2分の1で、25万円を限度とします。

手続き

1. 町空き家情報バンクに、空き家物件を登録してください。

2. 改修、作業に着手する前申請書(Wordファイル:36KB)に次の書類を添付して、役場企画課に提出してください。

  • 賃貸契約書の写し
  • 改修内容の分かる図面
  • 補助対象事業に要する経費の内訳が記載された契約書または見積書の写し
  • 補助対象事業に着手する前の現場写真
  • 県外からの移り住む方の戸籍の附票の謄本、または町外から移り住む方の住民票
  • 市町村税の納税証明書

3. 申請後、申請内容を変更される場合は、変更承認申請書(Wordファイル:28KB)を提出してください。
4. 改修が終わったら、完了日から1ヶ月以内か、令和2年3月31日のいずれか早い日までに、実績報告書(Wordファイル:37KB)に次の書類を添付して、提出してください。

  • 補助対象事業に係る領収書の写し
  • 改修内容の分かる図面
  • 補助対象事業の成果が確認できる写真
  • 確認書兼同意書

注意事項

1. 補助金の交付回数は、同一の空き家に対して1回限りとします。

2. 補助金の交付決定を受けた人または入居者が次のいずれかに該当するときは、やむを得ない場合を除いて、補助金を返還していただきます。

  • 補助金の交付決定を受けた日から5年以内に空き家を取り壊し、または売却したとき。
  • 入居者が、補助金の交付決定を受けた日から5年以内に町外に転出したとき。
  • 入居者が、申請日の属する年度と同一の年度内に町に転入しないとき。

要綱

湯梨浜町空き家改修事業補助金交付要綱 (PDFファイル:619KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)