ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 産業振興課 > 肥料価格高騰対策事業について

肥料価格高騰対策事業について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年10月11日更新 <外部リンク>

肥料価格高騰対策事業について

概要

肥料価格の高騰による農業経営への影響緩和のため、化学肥料の低減に向けて取り組む農業者の皆さんの肥料費を支援します。

支援の内容

化学肥料低減の取組みを行った上で前年度から増加した肥料費(高騰分)について、その9割(国7割、県1割、町1割)を支援金として交付します。

詳細

詳しくは県ホームページをご覧ください。

申請方法

下記の日程で、6月~10月注文・購入分(主に秋肥用)の申請を受け付けます。ご都合の良い日時にお越しください。いずれも13~15時および17~19時の受付けです。

11月7日(月)中央公民館大講堂
11月8日(火)湯梨浜町役場講堂
11月9日(水)中央公民館泊分館第1・2研修室

※11月~令和5年2月注文・購入分(主に春肥用)は令和5年2月頃(調整中)の受付けを予定しています。

●申請に必要なもの
・令和3年4月以降に農作物を販売したことが確認できる書類
・振込先口座が確認できる書類
※10月20日までにJAから購入したものはJAが必要書類を準備しますので下記の書類は不要
・注文により購入した場合、肥料の注文票
・肥料の領収書または請求書、肥料名・数量・金額が確認できる書類のいずれか1つ

●その他
・今回の申請に間に合わなかった場合は、別途案内する次回受付会において申請してください。なお、支援金の支払いは令和4年度末(予定)となりますので、ご承知おきください。
・化学肥料低減に向けた取組みは令和4年度または令和5年度のうちに実施してください。なお、令和6年度中に取組実施報告書の提出が必要となりますので、実施したことを証明する書類の写し(土壌診断結果・施肥設計書・作業日誌・写真等)を交付の翌年より5年間保管しておいてください。

申請様式

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)