ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 産業振興課 > 危機関連保証の認定申請のご案内(新型コロナウイルス感染症)

危機関連保証の認定申請のご案内(新型コロナウイルス感染症)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月13日更新 <外部リンク>

危機関連保証の認定申請を受け付けます

新型コロナウイルスの感染拡大で経営に打撃を受けている中小企業に対し、「危機関連保証」という信用保証協会が中小企業の借入金を100%保証する制度が実施されています。

危機関連保証とは

災害などで売上高が激減している中小企業が運転資金などを借り入れる際の融資保証をする制度で、信用保証協会がその借入金の100%を保証します。

対象となるのは1年以上事業を継続としていて、最近1カ月の売上高が前年同月比15%以上減少し、その後2カ月間を含む計3カ月の売上高も15%以上減少する見込みである中小企業です。

通常の枠やすでに行われている「セーフティネット保証」とは別枠で、2億8,000万円を上限に、全額が保証されます。

期間は令和2年2月1日から令和3年3月31日までです

詳しくは経済産業省ホームページ<外部リンク>をご確認ください。

対象企業

次の要件を満たしている中小企業・小規模事業者。

  1. 1年間以上継続して事業を行っていること。
  2. 新型コロナウイルスにより、原則として最近1カ月の売上高または販売数量が前の年の同じ月と比べて15%以上減少し、その後2カ月を含む3カ月も売上高などが前の年の同じ期間と比べて15%以上減少が見込まれること。

ご注意ください

湯梨浜町が認定できるのは、町内に本店のある法人、町内に事業所のある個人事業者の認定申請です。

申請書類

必要な書類は次のとおりです。

申請書類を受領後、書類を審査し通常2~3日で認定書を発行します。

認定書の有効期間は、認定日を含めて30日間です。期間終了日が土日、祝日の場合も同様です。ただし、令和2年1月29日から7月31日までの期間に発行された認定書の有効期間は8月31日までとなります。この期間にすでに発行した認定書の再発行は必要はありません。

ご注意ください

  • 委任状は認定申請する事業所の代表者、従業員以外の人が手続きされる場合に必要です。申請時には受任者の身分がわかる物をお持ちください。
  • 提出いただいた書類で認定要件を確認できない場合、ほかの書類の提出をお願いする場合があります。

注意事項

認定書の発行により融資が確約されるものではありません。金融機関および信用保証協会の審査があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)