ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス対策特設サイト > 湯梨浜町長から町民のみなさまへのお願い(4月20日)

湯梨浜町長から町民のみなさまへのお願い(4月20日)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月20日更新 <外部リンク>

湯 梨 浜 町 民 の み な さ ま へ の お 願 い

 

                                     令 和 4 年 4 月 20 日

                                    湯梨浜町長 宮 脇 正 道

 今年3月21日をもって、すべての都道府県のまん延防止措置等重点措置が解除されてから1か月近く経ちますが、流行は高止まりし、昨日時点で、国内の感染者数は約744万8千人となり、県内の感染者数も1万人を超えました。
 流行が続く第6波はオミクロン株の変異株の感染力の強さによるものですが、感染防止に最も有効な方法は、やはりワクチン接種です。ワクチンは感染防止、感染した場合の重症化防止、さらには感染後後遺症の低減の効果もあります。
 そこで、本日は、湯梨浜町のワクチン接種状況を報告し、町民の皆さんのご理解と接種の促進を図りたいと思います。
一覧表
 昨日、4月19日現在の接種状況を年代別に見ますと、65歳以上の方は、90.6パーセントの方が2回接種を終え、81.4パーセントの方が3回目も終えられています。2回目と3回目の接種率の差は、9.2パーセントと順調ですが、感染した時、重症化するのは高齢者の方が多いこと、国による高齢者の4回目接種の検討などを考慮し、引き続き接種に努めていただきたく存じます。
 次に18歳から64歳の方では、81.5パーセントの方が2回接種を終え、45.7パーセントの方が3回目を終えられていますが、2回目と3回目では、35.8パーセントと大きな差があります。
 そこで、3回目の年代別接種率を見ますと、20代の方が30.9パーセント、30代の方が33.1パーセント、40代の方が42.7パーセント、50代の方が58.2パーセントと接種率が低い状況であり、皆さんの積極的な接種をお願いします。
 とりわけ、子育て世代の皆さまには、近時、親から子への家庭内感染が増えていること、こどもさんが感染すれば、学校、こども園、保育園などが休校、休園になり、仕事を休む必要が生じ、感染が続けば、長期休暇等、大きな負担を強いられることなどにもご配慮いただければと思います。
 次に12歳から17歳の方は、68.2パーセントの方が2回接種を終えられ、3回目接種は1パーセントですが、これは3回目接種の方針決定が遅れによるものですが、全体的にもう少し受けていただければと思います。
 次に、3月14日から接種開始の5歳から11歳の子どもさんの接種については、12.8パーセントの方が1回目接種を終え、7.2パーセントの方が2回目を終えられています。開始時期が遅いので率が低いのは当然ですが、1回目の12.8パーセントは、低い水準です。子どもへのワクチン接種の安全性については、国はその論拠を示しています。かかりつけの小児科医院等で安心して接種を受け、子どもさんを新型コロナウイルスから守っていただきたく思います。
 今、私たちは、ウイズコロナの中にいます。ゴールデンウイークの人流の増加による第7波の流行を予想される方もあります。感染予防対策と同時に、ワクチンの接種を進め、終息へ向けた歩みができるようともに頑張りましょう。
 なお、接種を受けられない方、感染さなれた方を非難したり中傷したりすることのないよう重ねてお願いをします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)