ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス対策特設サイト > 5歳から11歳までのこどもさんをお持ちの保護者の皆さまへ

5歳から11歳までのこどもさんをお持ちの保護者の皆さまへ

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月20日更新 <外部リンク>

5歳から11歳までのこどもさんをお持ちの保護者の皆さまへ

 

                                     令 和 4 年 4月 20 日

                                    湯梨浜町長 宮 脇 正 道

 新型コロナウイルス感染症の予防のため、皆様には、平素から格別のご尽力を賜っており、厚くお礼を申し上げます。流行が長期化する中、様々な注意を払い、行動や活動を制限しながらの子育ては、ご苦労が多いことと拝察します。
 さて、4月19日時点で、新型コロナウイルス感染症の感染者数は約744万8千人に達し、最も大きな流行である第6波は、昨年末頃から感染者数が増え始め、2月5日には1日当たりの感染者数が10万5千人と過去最高を記録、以降減少傾向に入ったものの、3月23日から4月18日までの期間でも1日当たり2万4千人から5万8千人の範囲で上下しています。
 鳥取県内も同様で、これまで1万1千人を超える感染者が出ていますが、第6波は、1月4日から流行が始まり、2月23日には新規感染者数が211人とピークを付け、その後は、3月21日の47人と4月15日の144人の間で上下動を繰り返し、下げ止まっています。
 この要因は、オミクロン株の変異株の強力さによるものですが、感染を予防するために最も有効な方法は、ワクチン接種です。感染防止対策を遵守しつつ、下記の点にご理解をいただき、積極的なワクチン接種をお願いします。
                               
                         記

(1) 近時の新規感染者は20代・30代の方が多く、こどもさん等への家庭内感染も多く報告されていますが、20代・30代の皆さんの3回目の接種率は、それぞれ約31パーセント、約33パーセントと低迷しています。
(2) 学校やこども園で発生すれば、放課後児童クラブも含め休校・休園・休館になり、保護者の皆さんは、休暇取得が必要となり、相次ぐ発生の場合は、長期休暇の場合もあり、大きな負担となります。
(3) 3月14日から、5~11歳のこどもさんへの接種が始まりましたが、接種率は、1回目が13パーセント、2回目が6パーセントと、いずれも低い水準で推移しています。かかりつけの小児科医院等でのワクチン接種により、安心して、こどもさんを感染症から守ってください。
(4) 近時、感染された方の後遺症が注目されていますが、ワクチン接種は重症化を防ぐとともに、後遺症を低減する効果もあります。
(5) なお、予防接種を受けられない人、あるいは、感染された人への誹謗・中傷は人権侵害です。厳に慎しみましょう。

新型コロナウイルスのワクチン接種の意味を一緒に考えよう-01
新型コロナウイルスのワクチン接種の意味を一緒に考えよう-02
新型コロナウイルスのワクチン接種の意味を一緒に考えよう-03
新型コロナウイルスのワクチン接種の意味を一緒に考えよう-04

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)