ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス対策特設サイト > 湯梨浜町長から町民のみなさまへのお願い(第18号)

湯梨浜町長から町民のみなさまへのお願い(第18号)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月21日更新 <外部リンク>

湯 梨 浜 町 民 の み な さ ま へ の お 願 い

 

                                     令 和 3 年 9 月 21 日

                                    湯梨浜町長 宮 脇 正 道

 新型コロナウイルス感染症の第5波による厳しい流行もようやく終息に向け歩み始めました。鳥取県でも9月19日には約2か月ぶりに感染者がゼロになるなど、感染者数が減少し、県版新型コロナ警報も中部地区は解除になっています。
 しかし、新型コロナウイルス感染症の流行がこれで終わる訳ではなく、私たちは、今回の緊急事態宣言を最後のものにするため、また、次なるウィズコロナの時期に着実な日常生活を取り戻すためにも、引き続き努力を怠ってはなりません。
 一つ目は、ワクチン接種の促進です。湯梨浜町の9月20日現在の接種状況は、対象者15,190人中、11,492人(約75.7%)の方が1回目の接種を終えられ、9,475人(約62.4%)の方が、2回目の接種を終えられています。40歳未満の方の接種率もだいぶ上昇してきましたが、一層の加速をお願いします。
 
 12歳未満の子どもは接種を受けられません。先週も県西部の保育所でクラスターが発生し、家庭内感染もありました。また、8月から9月にかけては、本町でもこども園、小学校の園児・児童への感染がありました。学校等で感染者が出れば休校は避けられません。さらに、3回目のワクチン接種も検討されています。子ども達をはじめ、ワクチン接種を受けられない人の安全と生活を守り、コロナ禍克服の足取りをより確実なものとするためにも、接種できる方は、早めの接種にご理解を賜りたく思います。
 なお、町の集団接種は、9月30日を1回目、10月21日を2回目とする接種が最後です。町内・中部地区医療機関の個別接種、倉吉市で行われる職域接種もご活用ください。
 二つ目は、感染予防対策の継続です。マスクの着用、手洗い、3密の回避、適正距離の確保、換気等の引き続き感染予防をお願いします。2回の接種を終えられ、マスクを外して会話される方がありますが、それは間違いです。2度の接種でも感染される方はあります。
 
 三つ目は、コロナ禍による健康被害の予防です。これまで、ひきこもり等による健康2次被害防止のため、講演会、チラシなどで、社会活動や適度の運動をお勧めしてきましたが、新規要介護者の数は、昨年に続き今年度も増加しています。感染防止のためのルールを守りながら、朝夕のウオーキングや地域活動に参加するなど、健康の保持にもご配慮ください。
一覧表