ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス対策特設サイト > 湯梨浜町長から町民のみなさまへのお願い(第15号)

湯梨浜町長から町民のみなさまへのお願い(第15号)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年7月18日更新 <外部リンク>

湯 梨 浜 町 民 の み な さ ま へ の お 願 い

 

                                     令 和 3 年 7 月 18 日

                                    湯梨浜町長 宮 脇 正 道

 令和3年7月12日(月曜日)、東京都に4度目の非常事態宣言が発令され、新型変異株(デルタ株)等による第5波の襲来が現実のものとなってきました。
 鳥取県でも、新規感染者数の増加が見られ、7月14日(水曜日)以降、連日10人以上、17日(土曜日)には過去最多の29人を数えるなど、本日午後3時現在、この5日間で81人の新規感染者がありました。
 そのため、県では感染が急拡大している西部地区に「新型コロナ厳重警戒宣言」を発令し、不要不急の外出及び業務・懇親・会食(とりわけ県外の人と)を控えること、多人数によるイベントの中止等を呼びかけ、米子市の飲食店での営業時間短縮要請など、よりレベルアップした感染防止策に取り組むこととされています。
 中部地区に関しましては、7月17日(土曜日)の新規感染者の中には、中部地区の2人の方も含まれており、同日から「注意報」が発令されました。
 この度のウイルスはとても感染力の強いウイルスであり、中部地区も危険な状態にあります。マスクの着用、適正距離の確保、三密(密閉・密集・密接)や不要不急な県外への移動の回避など従来にも増して努力し、この事態をしのぎましょう。
 本町のワクチン接種状況は、7月16日(金曜日)現在、65歳以上の高齢者5,689人中、1回目の接種は、4,916人(86.4パーセント)、2回目の接種は、3,492人(61.4パーセント)で、7月末に終えられる見込みで、既に64歳以下の対象者8,852人に対しての接種を既に進めており、明日、7月19日(月曜日)から町が実施する集団接種の16歳から39歳までの方の予約受付を開始します。また、医療機関が実施される個別接種も7月26日(月曜日)からは、16歳から59歳までの予約受付を開始されます。これにより13歳から15歳までを除くすべての方の接種予約が可能になります。ワクチンの接種は、自らを守り感染症の流行抑制に大きく貢献するものであり、多くの人により早く受けていただきたいと思っています。
 最近は若年層の方の感染が増えています。若い方の感染後の重症化率や死亡率は低いのですが、身近にある方たちの命を守り、コロナ禍を克服し、かつての日常を取り戻すため、ワクチン等に係るデマや科学的根拠に基づかない情報に惑わされることなく、すべての対象年代の皆さんが接種を受けていただくようお願いします。
 なお、ワクチン接種を受けられるかどうかは本人の意思に基づくものであり、病気など様々な理由で接種ができない方もおられます。感染された方に対する誹謗や中傷と同じように、ワクチン接種を強制したり、接種しないことを非難したりすることの無いようにしましょう。
 町による集団接種、町で受付する医療機関による個別接種、医療機関が自ら受け付けされる個別接種、民間の企業等による職域接種、それぞれの接種形態の中からご希望される日時で申し込みをお願いします。ご不明な点等がございましたら、役場本庁舎または各支所にご相談ください。
 政府分科会の尾身会長もこの2か月が山場だと言っておられます。感染拡大を防ぐため、重ねてになりますが、しっかりと新しい生活様式を守り、県境を越えた移動や長時間の飲食を控え、着々とワクチン接種を進め、この危機を乗り切りましょう。どうそ、よろしくお願いします。