○湯梨浜町農林漁業者トレーニングセンターの設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日

条例第143号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、農林漁業者等の健康増進と町民のコミュニティーの育成を図るため、湯梨浜町農林漁業者トレーニングセンターを設置する。

(名称及び位置)

第2条 湯梨浜町農林漁業者トレーニングセンターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 湯梨浜町農林漁業者トレーニングセンター

(2) 愛称 はわいトレーニングセンター

(3) 位置 湯梨浜町大字南谷534番地1

(管理)

第3条 湯梨浜町農林漁業者トレーニングセンター(以下「はわいトレーニングセンター」という。)は、町長が管理する。

(休館日)

第4条 はわいトレーニングセンターの休館日は、12月29日から翌年1月3日までの日とする。

2 町長は、前項に規定する休館日のほか、はわいトレーニングセンターの管理上特に必要があるときは、臨時に休館日を定め、又は休館日に開館することができる。

(利用時間)

第5条 はわいトレーニングセンターの施設及び附属設備(以下「施設等」という。)の利用時間は、午前8時30分から午後10時までとする。ただし、町長は、事情によりこれを変更することができる。

(利用の許可)

第6条 はわいトレーニングセンターを利用しようとする者は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、前項の許可をする場合において、はわいトレーニングセンターの管理上必要な条件を付すことができる。

(利用の制限)

第7条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、はわいトレーニングセンターの利用を許可しないことができる。

(1) 営利を目的とする利用であると認めるとき。

(2) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(3) 施設等を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(4) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団の利益になると認められるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、はわいトレーニングセンターの管理上支障があるとき又は町長が適当でないと認めるとき。

(利用権の譲渡等の禁止)

第8条 第6条の利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、その権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(特別の設置の制限)

第9条 利用者は、はわいトレーニングセンターを利用するに当たって、特別の設備をし、又は備付けの物品以外の物品を利用する場合は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(利用許可の取消し)

第10条 町長は、利用者が第7条各号のいずれかに該当するときは、許可を取り消すことができる。

(使用料)

第11条 利用者は、利用の許可を受けたときは、別表に定める使用料を納付しなければならない。

(使用料の減免)

第12条 町長は、必要があると認めたときは、前条の使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第13条 既納の使用料は、還付しない。ただし、町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責めに帰することができない理由により、はわいトレーニングセンターの施設等を利用することができないとき。

(2) 第10条の規定により利用許可を事前に取り消したとき。

(3) その他町長が正当な理由があると認めるとき。

(原状回復の義務)

第14条 利用者は、施設等の利用が終わったときは、速やかに当該施設等を原状に回復し、又は搬入した物件を撤去しなければならない。第10条の規定により許可の取消しの処分を受けたときも、同様とする。

2 利用者が前項の義務を履行しないときは、町長において原状に回復し、これに要した費用は利用者の負担とする。

(損害賠償の義務)

第15条 利用者又は入場者が故意又は過失により施設等を損傷し、又は滅失したときは、利用者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の羽合町農林漁業者トレーニングセンター設置及び管理に関する条例(昭和59年羽合町条例第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月28日条例第19号)

この条例は、平成19年7月1日から施行する。

附 則(平成22年9月28日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月16日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第11条関係)

区分

使用料

1時間につき

一般利用

町民

一般・高校生

200

中学生以下

100

町外者

一般・高校生

600

中学生以下

300

特別利用

集会

1,200

興行、物品販売

2,400

備考

1 使用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間として計算するものとする。

2 町内に所属する団体が利用する場合は、使用区分を町民とする。ただし、町外に所属する団体と共同で使用する場合は、町外者として扱うものとする。

湯梨浜町農林漁業者トレーニングセンターの設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日 条例第143号

(平成23年3月16日施行)