ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 湯梨浜町国民健康保険税収納対策緊急プラン

湯梨浜町国民健康保険税収納対策緊急プラン

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新 <外部リンク>

  本町では、国民健康保険税の負担の公平性を確保し、収納率向上を図るため以下のとおり収納対策緊急プランを策定し実施します。

 

1. 基本的な事項(滞納額の減少および滞納の未然防止)

 

  1. 町民課賦課徴収係と密に連携し、滞納者の早期発見および把握に努め、納付相談勧奨や短期証発行による滞納額の減少を図る。
  2. 収納率向上のための取り組みとして、収納対策強化月間を設定するなど年間スケジュールを定め計画的・効率的に収納対策に取り組む。
  3. 他保険加入者の発見に努め、早期に資格喪失届の提出を勧奨する。
    (未手続き者に係る国保税重複賦課を是正し、滞納を発生させない。)
  4. 所得の未申告者のリストを作成し、未提出の被保険者等に対し電話勧奨および臨戸訪問や窓口での申告指導を行う。(適正賦課を行うため。軽減ができる世帯を放置し、滞納を発生させない為)
  5. 短期証取得者で、更新手続きの期限までに来庁できない旨の電話連絡等がない場合や、1ヶ月を越えても来庁がない場合には、臨戸訪問し状況を確認する。

2. 被保険者の支援

  滞納原因が災害・失業・病気療養・生活困窮などの場合には、納税相談・減免相談を積極的に行い支援する。また、生活などに対する各種制度が必要もしくは該当すると判断した場合は、すみやかに各種制度担当課と連携し対応する。

3. 徴収方法の改善等

  1. 納税意識の向上を図るため、広報を強化し自主納付を勧める。 
  2. 滞納分析(年齢層・職業など)を行い、滞納原因の把握に努め、初期滞納及び納付約束が守られていない案件については、積極的に電話勧奨・臨戸訪問を行い滞納者との接触の機会の確保に努め、納税指導を行う。
  3. 短期被保険者証を発行する場合においては、滞納者との接触機会を確保するため、有効期限・分割納付額については一定の基準を定め対応する。
  4. 新規加入時等においての、積極的な口座振替推進。
  5. 被保険者が納税相談のために来庁しやすい環境を創出するよう努力する。

  また、対応する職員においては、各種相談に対応するため、関係業務についての情報収集や諸制度に関する知識の習得などについて日々研鑽を行う。

4. 滞納状況の解消

  1. 納期限後20日以内に納付が無い場合は督促状を送付する。督促状を送付しても納付が無い場合は、催告書を送付する。
  2. 滞納状況を解消するため分納計画書の提出を受ける場合には、現年度分については現年度内で完納できる計画書以外は基本的に認めない。
  3. 滞納分の分納計画については、当該年度も含めて2年以内に完納できる計画書以外は基本的に認めない。

5. 滞納処分の実施

  1. 催告書を発送しても反応や納付がない長期滞納者については、財産調査を行う。
  2. 財産調査の結果、滞納保険税を納付できる十分な収入・資産等があるにもかかわらず、納付を行わない悪質滞納者については、臨戸訪問等で状況を再度調査し、十分調査したうえで、預貯金、定期預金、自家用車(タイヤロック)、給与、不動産、生命保険解約返戻金等の差押えを行う。

※ただし、今後の生活を脅かすようなものについての差押えについては、滞納者の生活・財産状況を十分に調査したうえで、法に基づいた滞納処分の停止など適切な措置を行う。