ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > みらい創造室 > 住宅金融支援機構と【フラット35】に関する協定書交換式を開催しました

住宅金融支援機構と【フラット35】に関する協定書交換式を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月8日更新 <外部リンク>

住宅金融支援機構と【フラット35】子育て支援型・地域活性化型に関する協定書交換式を開催しました

 平成29年8月30日(水曜日)、鳥取県庁第4応接室にて「住宅金融支援機構と【フラット35】子育て支援型・地域活性化型に関する協定書交換式」を開催しました。

 本町と住宅金融支援機構が相互に協力・連携し、本町は町補助事業を、機構は【フラット35】子育て支援型・地域活性化型の推進及び普及を図ります。

 

1.開催日時

  平成29年8月30日(水曜日)15時10分~15時30分

 

2.場所

  鳥取県庁本庁舎3階 第4応接室(鳥取市東町一丁目220)

 

3.出席者

  住宅金融支援機構中国支店 支店長 佐野 泰樹氏

  鳥取県 知事 平井 伸治氏

  湯梨浜町 町長 宮脇 正道氏

 

4.日程

  (1)開会

  (2)協定締結の経緯及び概要説明

  (3)協定書交換(鳥取県と住宅金融支援機構)

  (4)協定書交換(湯梨浜町と住宅金融支援機構)

  (5)挨拶 平井知事、宮脇町長、佐野支店長

  (6)写真撮影

  (7)閉会

 

5.交換会の様子

交換式

6.協定概要

町の住宅支援補助金の利用者が、住宅ローン「フラット35」を利用する場合に金利引き下げを受けることができます。

<該当する補助金>

 ・若者夫婦・子育て世代住宅支援事業

 ・三世代同居世帯等支援事業

 ・移住定住者住宅支援事業

 

※詳細は、住宅金融支援機構のホームページ<外部リンク>をご確認ください。