ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画課 > 地域情報通信基盤整備推進交付金事業の事後評価・公表について

地域情報通信基盤整備推進交付金事業の事後評価・公表について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月10日更新 <外部リンク>

平成19年度に琴浦町・北栄町・湯梨浜町において、地域情報通信基盤整備推進交付金事業により整備した事業の事後評価を公表します。

 

1 事業名  地域情報通信基盤整備推進交付金事業

 

2 事業主体  琴浦町・北栄町・湯梨浜町

 

3 総事業費  45,812千円

 

4 交付金額  15,270千円

 

5 事業完了日  平成20年3月28日

 

6 整備対象地域  琴浦町・北栄町・湯梨浜町の全域

 

7 事業の内容
 当該地域では、平成7年に湯梨浜町・北栄町(旧北条町)、平成8年に琴浦町(旧東伯町)・北栄町(旧大栄町)、平成13年に琴浦町(旧赤碕町)が農村型ケーブルテレビ施設の整備を開始して以来、10年以上が経過しました。共に、第3セクターにより設立したケーブルテレビ局により、自主番組制作によるコミュニティーチャンネルを中心としたテレビ放送を行い、地域の活性化支援に貢献してきました。
 しかしながら、平成の大合併により、北栄町では同一町内に2つの農村型ケーブルテレビ施設が存在するという状態となってしまい、同一町内でサービスの格差が発生してしまいました。
 また、平成19年8月より当該地域で開始された地上デジタル放送への対応や、隣接する倉吉市地区で実施されている多チャンネル放送サービスの実施を求める声も大きくなってきました。
 そこで、当該地域のケーブルテレビサービスの格差是正と3町の全域をカバーしたデジタル化を実現するため、町が地上デジタル放送受信アンテナ設備と各種センター設備の追加整備をし、その後、当該地域に存在した2社のケーブルテレビ局が合併して設立された鳥取中央有線放送(株)へIRU契約で貸し出すことにより、地上デジタル放送、BS・CSデジタル放送、自主放送を含むケーブルテレビサービスの提供を実施するものであります。

 

8 サービス開始日  平成20年4月1日

 

9 サービス形態  IRU契約 【契約先 鳥取中央有線放送(株)】

 

10 整備計画時の目標と実績 

 CATV  整備計画時の目標  実績 
 初年度 最終 平成20年度末 平成24年度末
 整備地域の世帯数 17,370 17,370 17,419 17,683
 加入世帯数 13,600 14,000 13,924 14,509
 加入率(%) 78.3 80.6 79.9 82.1

  (注)数値は琴浦町・北栄町・湯梨浜町の合計です。

 

11 評価及び課題
 整備計画時の目標の加入世帯数等は達成できた。今後も継続して利用者数の増進及び利用率の向上に努めたい。