ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 財政 > 予算 > 地方消費税交付金(社会保障財源分)の使途状況について

地方消費税交付金(社会保障財源分)の使途状況について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月31日更新 <外部リンク>

 平成26年4月1日に消費税が5%から8%に引き上げられました。その引き上げ分に係る地方消費税交付金は、使途を明確化し、社会保障施策に要する経費に充てるものとされています。

引き上げ分の地方消費税交付金(社会保障財源化分)が充てられる社会保障施策に要する経費

(平成27年度一般会計決算)

(歳入) 地方消費税交付金(社会保障財源化分)              134,961千円

(歳出)                                                (単位:千円)

区分平成27年度
決算額
財源内訳
特定財源一般財源
     引き上げ分の
地方消費税
交付金
(社会保障
財源化分)
 
      
国・県支出金地方債その他その他
      
      
民生費社会福祉費487,187329,4233009,25738,158110,049
児童福祉費844,401383,147085,27296,803279,179
1,331,588712,57030094,529134,961389,228

 

※各項の決算額は、扶助費(性質額)を計上しています。 

※地方消費税(社会保障財源化分)は、各項の扶助費(性質額)に要する一般財源の比率に応じて充当しています。