ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総務課 > 湯梨浜町建設工事等公募型指名競争入札試行運用基準

湯梨浜町建設工事等公募型指名競争入札試行運用基準

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新 <外部リンク>

運用基準

運用基準(Wordファイル:76KB)

運用基準(PDFファイル:146KB)

様式抜粋

様式抜粋(Wordファイル:64KB)


湯梨浜町建設工事等公募型指名競争入札試行運用基準

(趣旨)

第1条 この基準は、町が発注する建設工事等において、公募した者の中から競争入札の参加者を選定して行う指名競争入札(以下「公募型指名競争入札」という。)を試行的に実施するために必要な事項を定めるものとする。

(対象工事)

第2条 公募型指名競争入札を実施する工事等(以下「対象工事等」という。)は、設計金額が1億円以上の工事のうち、建設工事指名審査委員会(以下「委員会」という。) の議を経て町長が決定する。

(入札の公告)

第3条 前条に規定する対象工事等の入札の公告しようとするときは、次の各事項を湯梨浜町役場掲示場への掲示その他適正な方法で公告しなければならない。

(1)入札に付する事項
(2)入札参加の条件
(3)入札参加申請の方法
(4)入札の方法
(5)契約及び支払の方法
(6)前各号のほか必要と認める事項

(設計図書等の閲覧等)

第4条 設計図書等については、発注しようとする主管課において入札公告の翌日から入札執行の前日まで閲覧に供するものとする。

(入札参加申請書及び参加資格確認資料の提出)

第5条 公募型指名競争入札に参加しようとする者は、所定の期日までに公募型指名競争入札参加申請書(様式第1号)及び公募型指名競争入札参加資格確認書(様式第2号)その他公告に定める書類を提出するものとする。
2 特定建設工事共同企業体として入札に参加使用とする者は、公募型指名競争入札参加申請書(様式第1号)に替えて、湯梨浜町特定建設工事共同企業体試行運用基準第14条に規定する書類を提出するものとする。

(追加公募)

第6条 町長は、入札参加申込者の数が町の基準に満たず、適正な競争性を確保することができないと認められる場合に限り、再公告により追加公募することができる。

(指名業者の決定)

第7条 第5条の申請があった場合は、委員会により、湯梨浜町建設工事に係る指名業者の選定及び入札要領(平成16年10月1日訓令第34号以下「入札要領」という。)に基づき、指名業者を決定する。
(指名業者及び非指名業者への通知)

第8条 前条により決定した事項について、非指名業者へ文書(様式第3号)にて通知を行う。

(非指名業者に対する理由の説明)

第9条 前条により指名をされなかった者は、通知を行った日の翌日から起算して7日以内に、その理由について、簡易な内容確認を除き任意の書面をもって説明を求めることができるものとする。これを受けたときは、町長はすみやかに回答(様式第4号)するものとする。

(入札の中止)

第10条 第7条による参加資格の審査及び指名業者決定の結果、指名業者が3者に満たないとき、または入札に参加する者が2者に満たないときは、当該入札は中止するものとする。

(積算内訳書の提出)

第11条 入札に際し、入札金額に対応した積算内訳書の提出を求めるものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附則

(施行期日)

1 この運用基準は、平成23年2月25日から施行する。


様式 略

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)