ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 産業振興課 > 取組方法、交付単価など

取組方法、交付単価など

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新 <外部リンク>

取組方法

 

対象者

  次の(1)~(3)の要件を満たす農業者の組織する団体※1、一定の条件を満たす農業者※2

  (1)主作物(化学合成肥料・化学農薬の使用を県の慣行レベルから原則5割以上低減する取組または有機農業の取組の対象
      作物)について販売することを目的に生産を行っていること。
  (2)主作物についてエコファーマー認定を受けていること。
  (3)農業環境規範に基づく点検を実施していること。

(※1)農業者の組織する団体:複数の農業者等で構成される任意組織で、代表者、組織の規約を定めること。
(※2)一定の条件を満たす農業者:以下のいずれかに該当し、町が特に認める場合に対象となります。
    1.集落の耕地面積の一定割合以上の農地において、対象活動を行う農業者
      土地利用型作物:耕地面積の概ね2分の1以上
      土地利用型作物以外:耕地面積の2割以上
    2.環境保全型農業を志向する他の農業者と連携して、将来的に農業者団体を組織することを目標とする農業者
    3.複数の農業者で構成される法人

対象農地

 農業振興地域内の農地、生産緑地地区内の農地

 

交付金単価

   取組名

活動内容

支援単価

(円/10アール)

カバークロップ(緑肥)の作付け

主作物の栽培期間の前後いずれかに、緑肥を作付けする。
 ・カタログやチラシに記載された推奨量以上、播種すること
 ・春夏まきの場合は2カ月以上、秋冬播きの場合は4か月以上緑肥の栽培期間を確保
  すること
 ・緑肥として、広く使われるものであること(レンゲ、キガラシ、ソルゴー等)

8,000

堆肥の施用

主作物の栽培期間の前後のいずれかに堆肥を施用する。
 ・C/N比が10以上で、腐熟した堆肥であること
 ・主作物が水稲の場合は10アール当たり1トン以上、それ以外の作物の場合は10アール
  当たり1.5トン以上施用すること

4,400

有機農業

 

化学合成肥料・化学農薬とも一切使用しない。
なお、以下のどれかを満たす場合、対象外となります。
 ・通常の栽培方法で、化学合成肥料や化学農薬を使わない作物
 ・水耕栽培など、土壌を利用しない作物
 ・永年性飼料作物(オーチャードグラス等)
 ・あまり管理をしない「捨てづくり」と思われる場合

8,000

うち、雑穀・飼料作物

雑穀とは「そば、きび、あわ、ひえ」を指します。
栽培条件は上記「有機農業」と同じ。

3,000